MENU

90年代のパンクファッションがレディース秋コーデのトレンドに浮上

 

秋冬のトレンドムーブメントは、シンプルなノームコアから一転して、挑発的なパンクへ移行しています。レディース秋コーデのトレンドは、90年代のパンクファッション。元気で力強いテーマが注目され、2015-16年秋冬コレクションにもパンク要素が多数登場しました。

 

サンローラン(Saint Laurent)のファーストルックに登場したのは、ゴシックな雰囲気のフレアスカートに、チェーンネックレスと、ピークドラペルのジャケットを合わせたスタイルでした。フレアデザインのスカートやワンピースは、今シーズンのキーアイテムです。女の子のようなあどけなさを感じさせるフェミニンなウエアに、ハードロックな印象の小物やジャケットを加えて、コーデを引き締めています。

 

パンクを日常のコーデに取り入れる例としては、ボーイフレンドに借りたようなダボっと大きめジャケットに、ランジェリーっぽいセクシーなワンピースを合わせます。トレンドカラーのピンクと黒の配色にすると、よりオシャレに見えます。スタッズやチェーンなどの、ごつい小物を合わせるのがポイントです。

 

淡いピンクの刺しゅう入りのスカジャンに、黒のニットワンピースを合わせて、タトゥータイツとパンキッシュブーツのコーデも90年代のパンクガール風になります。クロスやスタッズ付きのレザーチョーカーで首元を飾ると、パンクのイメージが鮮明になります。